Monthly Archives: 10月 2015

詩篇 39編2〜14節

人の生の空しさ、はかなさ、無常を訴える詩人。しかしそれは厭世的ではない。神を信頼しての祈りである。無力さを知る者、苦難の試練を受けている者は神に頼るしか他ない。そして待つ。神は祈りを聞き、最も良い答えを与えられると信じて … Continue reading

Posted in post_cat_message | 詩篇 39編2〜14節 はコメントを受け付けていません。

ローマの信徒への手紙 1章8〜13節

使徒パウロは、いつの日か訪問をしたい異邦人の国ローマの人たちを覚えて祈ります。このように相手を覚えて祈ることは、私たちにも大事なことです。「自分のための祈りは10%で良い。90%は他者を覚えて祈りなさい」。他者を覚えての … Continue reading

Posted in post_cat_message | ローマの信徒への手紙 1章8〜13節 はコメントを受け付けていません。

ローマの信徒への手紙1章 1〜7節

「神の福音のために選び出され、召されて使徒となった」パウロの手紙です。では彼の言う「福音」とは何か。少しくだけて言うと「神さまからの善いお知らせ」。この善い知らせは、神の御子イエスが私たちの所に来てくださったこと。具体的 … Continue reading

Posted in post_cat_message | ローマの信徒への手紙1章 1〜7節 はコメントを受け付けていません。

ヨハネによる福音書 1章29〜34節

洗礼者ヨハネは待ち望んでいた「ある人」に出会います。その「ある人」とは、「“霊”が降って、ある人にとどまるのを見たら、その人が、聖霊によって洗礼を授ける人、救い主キリスト」と神から告げられていたお方。ヨハネはその人を、「 … Continue reading

Posted in post_cat_message | ヨハネによる福音書 1章29〜34節 はコメントを受け付けていません。

秋の特別講演会

「がん哲学外来」 日時 : 2015年10月25日(日) 14:00〜15:30 講演者 : 順天堂大学医学部病理・腫瘍学教授 樋野興夫 氏 入場無料 (定員 100名) がん哲学外来とは : がん患者やその家族の悩みは … Continue reading

Posted in post_cat_event | 秋の特別講演会 はコメントを受け付けていません。